ボルダリングニュース #ボルラブ.COM

ボルラブ.COMは、ボルダリングに関するニュース情報、楽しさや奥深さ、そして魅力をたっぷりとお届けします!

タグ:野口啓代

スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは4日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は野口啓代(茨城県連盟)が2大会ぶり11度目の優勝を果たした。14歳の森秋彩(同)が2位、前回覇者で15歳の伊藤ふたば(岩手県協会)は3位だった。

 女子2位だった14歳の森は第3課題終了時点でトップに立つなど会場を盛り上げた。手足を的確に運び、154センチの小柄な体格を感じさせない登りを見せた。

 史上最年少優勝が懸かった最後の第4課題はスタート直後の頭上のホールドにしがみつけず涙をのんだ。「可能性はあると思ったけど実力不足。ジャンプ力が足りなかった」などと話し、悔しさをにじませた。

36



14歳の森、悔しさにじむ2位「可能性はあると思ったけど実力不足」/ボルダリング - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップ。3日の予選を1位で通過した去年の覇者、盛岡市立松園中学校3年、伊藤ふたば選手は、4日午前の準決勝5位で午後の決勝に進みました。伊藤選手は課題4つのうち3つをクリアしましたが、トライの数がかさみ、結果は3位。連覇はなりませんでしたが、2年連続で表彰台に立ちました。

36


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは4日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は野口啓代(茨城県連盟)が2大会ぶり11度目の優勝を果たした。14歳の森秋彩(同)が2位、前回覇者で15歳の伊藤ふたば(岩手県協会)は3位だった。

 男子は3連覇を狙う藤井快(東京都連盟)、2016年の世界選手権を制した楢崎智亜(栃木県連盟)ら6人が決勝に進んだ。


29


【ボルダリング】野口啓代が11度目V ジャパン杯女子 - 産経ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子クライミング界の第一人者の必需品は、クライミングウォール(壁)に似た髪留めだった。プロフリークライマーの野口啓代(28=茨城県連盟)が1日、都内で行われた記者会見に出席した。

 大学1年の時、W杯で日本女子として初優勝を飾り、プロとして本格的に活動するために大学を中退。これまでボルダリングのW杯で年間総合王者に4度輝いた。しかし、当時は五輪競技でもなく一時は引退も考えたが、20年東京五輪の新競技にスポーツクライミングが選ばれて踏みとどまった。同五輪ではボルダリング、スピード、リードの複合形式で行われるため、野口は現在、最も不得意とする「スピード強化」に力を入れている。「今シーズンが終わったら、五輪の選考大会が始まる。そう考えると時間はない。世界選手権や五輪で勝つためのスピード強化をしたい」。


 次戦はボルダリングのジャパンカップ(3~4日、東京・駒沢屋内球技場)に出場する。昨年は11度目の優勝を狙ったが、伊藤ふたば(15)に敗れた。「シーズンの良い励みになるので目指すはもちろん優勝」と意気込んだ。

32



参考:楢崎智、野口らが新シーズンへ意気込み/スポーツクライミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

20年東京五輪で行われるスポーツクライミングの有力選手が1日、都内で会見し、女子の野口啓代(28=茨城県連盟)がスピードの強化プランを明かした。


 今季初戦となるボルダリングのジャパンカップ(3、4日、駒沢屋内球技場)を終えると、6〜21日にオーストリア・インスブルックでスピード強化の合宿を行う。「約2週間、がっつりスピードのトレーニングをやりたい」。9月の世界選手権もインスブルックで行われ、同じ会場で汗を流す。「世界選手権に向けた、いい予行演習にもなると思う」。今季はスピードでW杯にも参戦を予定している。


参考:野口啓代 東京五輪でカギ握るスピード強化へ海外合宿「がっつりやりたい」|BIGLOBEニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ