ボルダリングニュース #ボルラブ.COM

ボルラブ.COMは、ボルダリングに関するニュース情報、楽しさや奥深さ、そして魅力をたっぷりとお届けします!

タグ:大会

【感謝御礼】「三宅島ボルダリング大会2018」ゲストクライマーの野中生萌さん、大会へご参加いただきありがとうございました!参加選手の皆様との交流やデモンストレーション、決して忘れません。また三宅島にいらっしゃってください!





三宅島観光協会(@miyakejimaTA)さん | Twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルダリングのジャパンカップは3、4の両日、東京都の駒沢屋内球技場で行われ、本県関係では、前回14歳で最年少優勝を果たした女子の伊藤ふたば(盛岡・松園中3年)が連覇を狙う。
br />  伊藤は昨年、世界ユース選手権ユースB(2002、03年生まれ)を制覇。東京五輪の強化選手として昨年12月の全日本合宿に参加し、レベルの高い環境で技術を磨いている。

 今年からワールドカップ(W杯)参戦も視野に入れ、得意のボルダリングで国内最高峰の大会を制して弾みをつけたい。

 大会は3日に予選、4日は準決勝、決勝が行われる。本県関係では男子の山内響(神奈川大1年、盛岡南高)、中島大智(盛岡南高2年)もエントリーした。







参考:伊藤ふたば連覇なるか 3日からボルダリングジャパン杯
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ教室・イベントの検索・予約サイト「EPARKスポーツ」を運営する株式会社EPARKスポーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古志野史嗣、以下「EPARKスポーツ」)は、VILLARS climbing(東京都品川区)による特別企画『前回満席の好評イベント!第2回 初心者対象キッズボルダリング大会』の予約受付をEPARKスポーツのWEBサイト内にて開始いたしました。

▼『前回満席の好評イベント!第2回 初心者対象キッズボルダリング大会』ページURL
https://sports.epark.jp/event_groups/5


キッズボルダリング大会は極めて稀な初心者向けの大会となっており、始めたばかりのお子様も参加可能な大会となります。当日は同じレベルの参加者と切磋琢磨しながら取り組むことで、スキル向上や達成感を得ることができます。予選を勝ち抜いた方は決勝へ無料招待となっており、参加者にはもれなく賞品がプレゼントされる予定となっております。
また、大会に参加する前段としてキッズボルダリング体験会も開催しております。体験会では「まずはお試しで参加されたい方向けの"ゆる体験"」「スキルを伸ばしたい方向けの"1dayレクチャー"」「親子で体験されたい方向けの"親子deボルダリング体験"」といったご要望に合わせたコースをご用意しております。
第2回大会開催まで期間がありますので、ボルダリングの経験がないお子様もまずは体験会に参加したうえで、その後開催される大会に参加するといった形も可能です。

EPARKスポーツではスポーツ教室・イベントを通して、子どもたちが様々なスポーツに挑戦できる環境を創出するとともに、運動する機会を提供します。また今後も様々な競技の一流アスリートを中心とした特別コーチによるスポーツ教室を順次発表、募集してまいります。どの教室も人数限定となりますので、詳細はWEBサイト(https://sports.epark.jp/)をご覧ください。

【イベント概要】
■名  称:前回満席の好評イベント!第2回 初心者対象キッズボルダリング大会
■講  師:VILLARS climbingスタッフ
■会  場:VILLARS climbing
■日  時: 2018年4月28日(土)、29日(日)、30日(月・祝)、5月3日(木・祝)、5月4日(金
・祝)、5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)
■対  象:小学生
■参加費:4,500円(シューズとチョークのレンタル費込)
■持参品:運動できる服装、タオル、着替え
■定  員:各回12名
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際スポーツクライミング連盟は29日、世界選手権を9月6~16日にインスブルックで開催すると発表した。

 従来通りリード、ボルダリング、スピードが行われるほか、最終日には2020年東京五輪で実施される複合の日程も組まれている。複合は男女各6選手で争われるとしている。

 16年の前回大会では楢崎智亜(栃木県連盟)が男子ボルダリングを制した。(共同)


54



参考:【スポーツクライミング】9月にインスブルックで世界選手権 東京五輪実施の複合も - 産経ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県は盛岡市、県山岳協会と連携して2018年度、スポーツクライミングのアジア選手権の誘致に乗り出す方針を固めた。同市みたけの県営運動公園に国内屈指の競技施設がそろう好条件を生かし、開催都市が未定の19年以降の誘致を想定。同市では6月に全国大会の初開催が決まっているほか、トップ選手の合宿受け入れなど実績を重ね、開催実現の流れをつくる。

 県の18年度一般会計当初予算案に関連事業費約100万円が盛り込まれ、来月15日招集の県議会2月定例会に提案される見通し。



参考:県、アジア選手権誘致へ スポーツクライミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ