ボルダリングニュース #ボルラブ.COM

ボルラブ.COMは、ボルダリングに関するニュース情報、楽しさや奥深さ、そして魅力をたっぷりとお届けします!

タグ:伊藤ふたば

スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは4日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は野口啓代(茨城県連盟)が2大会ぶり11度目の優勝を果たした。14歳の森秋彩(同)が2位、前回覇者で15歳の伊藤ふたば(岩手県協会)は3位だった。

 女子2位だった14歳の森は第3課題終了時点でトップに立つなど会場を盛り上げた。手足を的確に運び、154センチの小柄な体格を感じさせない登りを見せた。

 史上最年少優勝が懸かった最後の第4課題はスタート直後の頭上のホールドにしがみつけず涙をのんだ。「可能性はあると思ったけど実力不足。ジャンプ力が足りなかった」などと話し、悔しさをにじませた。

36



14歳の森、悔しさにじむ2位「可能性はあると思ったけど実力不足」/ボルダリング - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップ。3日の予選を1位で通過した去年の覇者、盛岡市立松園中学校3年、伊藤ふたば選手は、4日午前の準決勝5位で午後の決勝に進みました。伊藤選手は課題4つのうち3つをクリアしましたが、トライの数がかさみ、結果は3位。連覇はなりませんでしたが、2年連続で表彰台に立ちました。

36


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは4日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は野口啓代(茨城県連盟)が2大会ぶり11度目の優勝を果たした。14歳の森秋彩(同)が2位、前回覇者で15歳の伊藤ふたば(岩手県協会)は3位だった。

 男子は3連覇を狙う藤井快(東京都連盟)、2016年の世界選手権を制した楢崎智亜(栃木県連盟)ら6人が決勝に進んだ。


29


【ボルダリング】野口啓代が11度目V ジャパン杯女子 - 産経ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルダリングのジャパンカップは3、4の両日、東京都の駒沢屋内球技場で行われ、本県関係では、前回14歳で最年少優勝を果たした女子の伊藤ふたば(盛岡・松園中3年)が連覇を狙う。
br />  伊藤は昨年、世界ユース選手権ユースB(2002、03年生まれ)を制覇。東京五輪の強化選手として昨年12月の全日本合宿に参加し、レベルの高い環境で技術を磨いている。

 今年からワールドカップ(W杯)参戦も視野に入れ、得意のボルダリングで国内最高峰の大会を制して弾みをつけたい。

 大会は3日に予選、4日は準決勝、決勝が行われる。本県関係では男子の山内響(神奈川大1年、盛岡南高)、中島大智(盛岡南高2年)もエントリーした。







参考:伊藤ふたば連覇なるか 3日からボルダリングジャパン杯
このエントリーをはてなブックマークに追加

県は2018年度、国際大会で活躍するトップアスリートを県内で育成するため、小中高校生段階からの取り組みを強化する方針を固めた。技術向上に欠かせない海外遠征費を支援するほか、国際レベルの選手を育てた実績のある競技団体への助成を新設。2年後に迫る東京五輪のほか、冬季五輪を含め本県からのメダリスト輩出を目指す。

 県の18年度一般会計当初予算案に関連事業費約700万円が盛り込まれ、来月15日招集の県議会2月定例会に提案される見通し。

 海外遠征費の助成は、既に世界で活躍中の中高生選手を対象とし年数人を想定。一般的に中高生選手の場合、社会人と違ってスポンサーからの十分な支援を得るのが難しく、多額の遠征費の確保が課題となるため、県が後押しする。

 本県では、スポーツクライミングの伊藤ふたば選手(盛岡・松園中3年)が昨年9月の世界ユース選手権のボルダリング女子ユースB(02、03年生まれ)で優勝。来月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪ではスノーボード女子スロープスタイル、ビッグエアに岩渕麗楽(れいら)選手(キララクエストクラブ、一関学院高1年)の出場が決まるなど、県勢の活躍が目覚ましい。県は新事業を通じて現役から次世代へ流れをつなげる。


28


参考:県が五輪メダリスト育成へ 小中高校生段階から支援
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ