ツインリンクもてぎ、森をコンセプトに「モビパーク」をリニューアル。木登り型アスレチック新設


ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)を運営するモビリティランドは、テーマパークの「モビパーク」を「森」をコンセプトに3月17日からリニューアルする。木登り型の大型アスレチックを新設するほか、既存のアトラクション5機種のデザインを一新、さらに親子で利用できるアトラクションを1機種追加する。

 木登り型の大型アスレチック「森(しん)感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をイメージした高さ13mの5階建てで、昆虫や植物の巨大なオブジェを設けることで、木や森に集まる生き物の生態を感じながら挑戦できるデザインになっている。内部には、ボルダリングウォールやネット登りなど42カ所の木登りエリアを用意するほか、丸太橋やロープ渡りなど「勇気が試される“空中ゾーン”」も設ける。

 また、子供たちが挑戦する姿を撮影できるフォトスポットやフォトサービスも用意する。森感覚アスレチック DOKIDOKIは小学生以上が利用でき、所要時間は約30分。料金は600円で、モビパークのパスポートの対象になっている。

04_o




参考:ツインリンクもてぎ、森をコンセプトに「モビパーク」をリニューアル。木登り型アスレチック新設 |トラベル Watch