卵殻の再利用を進めるグリーンテクノ21(佐賀市)が新事業に挑戦する。卵の殻を砕いた粉末を活用する同社は、野球投手が使うロジンバッグの大手。野球の次に狙うのが、2020年東京五輪の追加種目になり競技人口増加が見込めるスポーツクライミング。壁をよじ登る際の滑り止め用粉末を開発、今月中旬に販売を始めた。

06


参考:クライミング用チョーク開発 グリーンテクノ21(佐賀市) 東京五輪の商機つかめ 競技人口増加|経済・農業|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE