ボルダリングニュース #ボルラブ.COM

ボルラブ.COMは、ボルダリングに関するニュース情報、楽しさや奥深さ、そして魅力をたっぷりとお届けします!

タグ:イベント

【感謝御礼】「三宅島ボルダリング大会2018」ゲストクライマーの野中生萌さん、大会へご参加いただきありがとうございました!参加選手の皆様との交流やデモンストレーション、決して忘れません。また三宅島にいらっしゃってください!





三宅島観光協会(@miyakejimaTA)さん | Twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ教室・イベントの検索・予約サイト「EPARKスポーツ」を運営する株式会社EPARKスポーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古志野史嗣、以下「EPARKスポーツ」)は、スポーツ×ライフスタイルWEBマガジン「MELOS-メロス-」とのコラボ企画として、大人男女が楽しめるボルダリングコンを2018年2月10日(土)・2月24日(土)に開催。


▼『少人数限定だから友達作りや恋人作りに最適!ボルダリング体験&食事会』紹介ページURL
https://melos.media/hobby/19743/

▼『少人数限定だから友達作りや恋人作りに最適!ボルダリング体験&食事会』お申し込みURL
・2月10日(土)
https://sports.epark.jp/events/69

・2月24日(土)
https://sports.epark.jp/events/83
このエントリーをはてなブックマークに追加

視覚障害者と健常者が一緒にボルダリングを楽しむイベント「見ざる!クライミング・チャレンジ!」(松江市視覚障害者協会主催)が21日、松江市向島町にあるボルダリングの専用ジムであった。

 ボルダリングは壁をロープなしで、「ホールド」と呼ばれる様々な形状の突起物を利用しながら登る競技。視覚障害者が登る時は、健常者がホールドの位置や形状を伝え、手助けする。壁から落ちても下にマットが敷いてあるため、安全に競技を楽しむことが出来るという。

 イベントには約30人が参加。視覚障害者でクライミング競技者としても活躍する小林幸一郎さん(49)が講師役を務めた。参加者らは、高さ4メートルの人工壁にあるホールドの情報を相手にうまく伝える方法などのアドバイスを受けながら、競技を楽しんだ。


04


HP:第3回『見ざるチャレンジクライミング』開催要綱 - NPO法人モンキーマジック
参考:島根)松江でボルダリングを楽しむイベント - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツクライミング複合種目の国内初の全国大会が6月、盛岡市で開催されることが決まった。複合種目は2020年東京五輪の正式種目。主催する日本山岳・スポーツクライミング協会(東京・渋谷)は、新たな大会を代表候補選手の強化試合と位置づけており、市などは盛り上がりを期待している。

 「スポーツクライミング第1回コンバインドジャパンカップ2018」は6月23、24日の2日間開かれる。男子、女子ともにそれぞれ約30人の参加を見込む。会場は同市の岩手県営運動公園などになる。


県は同公園に、国内に少ないスピード競技施設を建設中で、3月下旬に完成する。県と市、県山岳協会が日本協会に全国大会の開催を要請したところ、高規格の施設が3種目そろう環境が評価されたという。





参考:盛岡市でスポーツクライミング複合大会 全国初  :日本経済新聞
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、三宅島観光協会主催の「三宅島ボルダリング大会2018」の参加申込期限を向かえましたが、申込手続進行中の方や参加ご検討中の方が多々いらっしゃるとのことより、申込期限を延長を決定。新しい申込期限は「1月26日(金)※到着分」まで。

29


三宅島 ボルダリング大会2018のご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ