2017年に行われた国内外のスポーツ大会で活躍し、人々に感動を与えた本県関係アスリートをたたえる「第5回下野新聞KIZUNAスポーツ大賞」(ランスタッド特別協賛)の最終選考委員会が13日までに下野新聞社で開かれ、プロバスケットボールBリーグで初代王者に輝いた栃木ブレックスが大賞を初受賞することが決まった。大賞に準ずるスポーツ賞には陸上女子やり投げの海老原有希(えびはらゆき)選手(32)=上三川町出身、スズキ浜松AC=とスポーツクライミングの楢崎智亜(ならさきともあ)選手(21)=宇都宮市出身、県山岳連盟=の2人が選ばれた。

 候補にノミネートされたのは団体4組、個人6選手。昨年12月22日からことし1月12日まで募った読者投票をもとに、選考委員会の審査を経て各賞を決定した。有効投票数は1万2551票だった。